朝絵room(Asae Room) イラストレーターの丘朝絵が運営するイラスト、マンガのギャラリー&情報サイト

スポンサーリンク

講談社フェーマススクールズについて2♪

課題について♪

最終課題

最終課題です☆

課題、色々あって楽しかったな〜♪ テキストも多かったけど、沢山勉強出来て良かったですv

イラストレーション専科は、全24課題あります☆

  • 1〜10課題 基礎課題
  • 11〜17課題 イラストレーション専科の基礎
  • 18〜24課題 実践的な課題

この中で、一番大変なのが12、14課題辺りです。 提出量も多いし、提出しないトレーニング課題も盛りだくさんです!

1つの写真を見て、6方向から見た絵を想像して描く練習課題があるのだけど、多分みんなつまずく所だと思います><* その辺りが峠だと思って下さいね☆

15課題まではひたすらモノクロ制作です〜。 鉛筆デッサンや絵の具も白黒で描く感じ☆ 18課題を過ぎれば、カラー制作で枚数も1〜2枚程度になるので楽しくなると思います☆

課題で制作したイラスト達

受講するか迷ってる人へ

受講料が高額なので、とにかく慎重に決めて下さいね☆ 卒業までしっかり勉強出来なければ、上達も見込めないしお金も勿体ないです。

趣味や習い事として

お金が払えるかどうかであとは個人の自由☆

プロになりたい方

フェーマスを3〜4年間使い倒す+自分の作品制作&独自営業をするくらいの時間的余裕と気持ちが必要♪

中学・高校生さん♪

学費はご両親持ちだから心配ないかな!? 時間にゆとりがあるので、勉強するには良いと思います♪ 受験や就職が必ず入って来るので、卒業はかなり厳しいと思います^^;; 本格的に絵が上手くなりたい人は、美大を目指しましょー!!

大学生さん♪

フリーな時間を活かして受講するのが良いと思います☆ 学費を返すためにバイトを始めると、時間的に厳しいかと...><* 就職する前の卒業を目指すのが現実的だと思います♪

社会人さん♪

正社員で残業が多い方は無理です。。。  フリーターで時間的に余裕のある方なら、卒業近くまで行くかもー!? 学費の返済でバイトを増やすのは、時間的に厳しいと思います。

 

フェーマスへの不満

4年で卒業したけど、課題の返却が遅れた事が多々ありました! 1ヶ月半で次の課題出さないと最短の3年で卒業出来ないのに、1ヶ月を過ぎても返却されないのはざらでしたょ^^;; 1ヶ月半を超えた課題もありました!!! その都度、催促のメールを入れて急いで返却して頂きました♪ ちなみに、最短だった時は半月☆

課題が進むにつれ、見る先生が減って来て返却が遅れるとの事でした...! あと、冬休み、夏休み、GWの直後にかぶると、提出が殺到するらしく遅れます。。 なので、課題は提出したら即次の課題を進めましょ〜♪ 添削が返って来たのを見て復習してからだと、3〜4年での卒業は不可能です><*

フェーマスは、3年分の授業料諸々をもらってるのだから、全員卒業させるくらいの指導体制をとってほしいものです☆ 受講生の多くが卒業出来ないという事は、添削のお仕事をさぼってる様にも見えてしまいます><* 

まぁ通信教育自体、どんなものであれ卒業はかなり難しいらしいのですが... フェーマスさんは高額なので!!!〆切をある程度決めて、間に合わなければ催促するようなシステムにならないですかね〜!? その辺り、学校としての努力が足りない気がするのは、あたしだけかな!?

まとめ

色々書いてしまったけど、朝絵はとにかく4年間勉強させて頂きましたー! 自分が描いたイラストを、先生に評価して頂く☆  そんな機会は普通得られないと思うので、貴重でしたv コンテストも参加出来たし、色々と自信につながる所が多かったです〜♪

フェーマスって、仲間を作ろうと思えば沢山出来る場所だと思います☆ サマースクールとか、ガイダンスとかスクーリングとか♪ イベントに参加して、刺激しあえる仲間を見つけると、卒業もぐっと近付くと思います♪

4年間勉強した事を活かして、そして、これからも努力を積み重ねて、きっと少女まんが家さんになろうと思います☆★☆  少しでも前に進んで行ける様に、頑張って行こうと思いますー!!!

講談社フェーマススクールズさん、ありがとうございました〜♪ 先生さん、スタッフさん、出会った方々に感謝です☆

2010.8.17 丘 朝絵☆

※朝絵は、「特別専科」という値段的に中間のコースを選びました☆
※コースの内容や料金は毎年変更になると思うので、その都度説明を受けて下さいね♪
※このページのレビューは、丘朝絵が個人的に書いたものです。講談社フェーマススクールズとは一切関係がありませんので、お問い合わせはご遠慮下さい。

最終更新日;2010/8/17

スポンサーリンク

シェアする

copyright © 2005-2016 Asae Oka/Asae Room