朝絵room(Asae Room) イラストレーターの丘朝絵が運営するイラスト、マンガのギャラリー&情報サイト

スポンサーリンク

ハウツー本レビュー

漫々快々

〜みんなのマンガがもっとよくなる〜


3冊目のレビューは、「漫々快々」です☆

この本も、初版が2000年なのでもぅかなり前の本ですょね〜^^;;
けど、アマゾンのレビュー見ると、2009年も新たなレビューが入ってたりして、
質が高い一冊だと思いますょ☆
著者は快描教室と一緒で、菅野博士先生と唐沢よしこさんです☆
今回も対談形式になります〜♪

この本はまんがの添削を中心に、コマの割り方とかセリフの入れ方とか構成の仕方とかを分かりやすく解説しています☆
とにかく、添削例が分かりやすい&すごいですー!!
ぁたしも含めて、よく陥りやすいパターンを中心に
ズバッと添削されています☆★☆



ここはP16だけど�����左ページが添削例ですょv
上に小さく描いてあるのが投稿作品です♪
導入部分の描き方の添削で、3ページで描いてるけど
2ページに詰めつつより効果的に見せる構成を解説☆
めちゃめちゃ分かりやすいですー!!!
コマを整理する事って大切だな〜って♪♪
ぁと、背景も導入部分でしっかり描く!!
それが視覚的に分かるので、説得力があります☆★☆

漫画は、1コマ1コマの積み重ねで出来てますょね〜♪
投稿作品が全ページ載ってて、それを添削してる訳ではないけど...
1ページ単位での見せ方と構成の工夫って、とーーーっても大切なんだな〜って思わされます〜☆★☆

ぁと、8ページ漫画の添削も面白かったです!!
8ページは、漫画を構成する上で最低限のページ数なんだそぅです〜♪
ページ数多いと、余計なエピソードを入れがちになるから、8ページでエピソードを絞って構成する練習をするといいそぅですょ☆★☆
8ページコーナーは投稿作も8ページ掲載されてて、分かりやすいです〜vv

他にも、吹き出しのルールとか、空間の使い方とか、持ち込みについても色々とアドバイスされてて楽しい一冊だと思います!!!

漫々快々は、ストーリー作りというよりは、コマ割り構成を詳細に詳しく解説した一冊☆
とてもためになるハウツー本だと思います♪


漫々快々〜みんなのマンガがもっとよくなる (Comickersテクニックブック)

スポンサーリンク

シェアする

copyright © 2005-2016 Asae Oka/Asae Room