朝絵room(Asae Room) イラストレーターの丘朝絵が運営するイラスト、マンガのギャラリー&情報サイト

スポンサーリンク

ハウツー本レビュー

シナリオの基礎技術



シナリオの基礎技術

今回はマンガの技法書ではなくて、シナリオ技法書のレビューです☆
マンガの技法書って、どの本見ても絵の描き方の比重が大きくて、
お話作りに関しては手薄ですよね〜><*
それで、シナリオ関係の本を9冊ほど読んだのだけど、
8冊目に読んだ シナリオの基礎技術は、かなり気に入りましたv

図書館から借りた本なので、B5で目次も付けて
合計40枚のまとめを作ったくらいです☆
お財布に余裕があれば、間違いなく買ってます!

大まかな内容は、基礎技術について1章〜4章で半分。
もう半分は、誤りについてと面白くするためのノウハウです。

起承転結の詳しい解説から始まって、お話作りについては
大体書いてある本だと思います♪
特に後半の誤りについては、6323本のシナリオから
誤りの統計を取っているので、読み応えありです☆
そして、その後の章で、ではどうしたら欠点を克服して
面白くするかが書かれてます♪

内容
こんな感じの中身です☆2段組が古さを感じさせます〜^^;;

最近の持�����込みで、「葛藤を感情で描く」という辺りが、
編集さんのアドバイスから伝わって来るのですね☆
けど、ズバリは言われないので、何となく全体の話を総合すると
そんな事なんだろうな...って!
ずーーっともやもやしてたのだけど、この本にきっちり解説されてました♪
あたし、お話の作り方根本的に間違ってたかもーっ、て思えました><*

なかよしの批評シートと照らし合わせてみました☆
ストーリーに関する事は、大体この本に解説されてるみたいです♪
蔵書しとけば、欠点指摘された時にその場所を読めばいい感じです^^*

よく、どうして彼が好きなのか、どんな所が好きになったのか...?
って編集さんに聞かれるけど、そのものズバリの解説が
最後の方にあったのも、ポイント高かったです!
少女マンガにも自然と対応してるなんて...v
日常の中だと何気なく横顔にときめいて、とかあるけど、
それではダメだときっぱり書いてあります。
しかも、その解決策まで示されてますょ☆

この本は1985年に書かれた本です。
正直、古いー!古過ぎっ><*
著者は、定評のあるシナリオセンターの創業者、新井一先生☆
図書館には2005年の再版が蔵書されていて、
焼けもない真新しい本で気持ちよいです☆
初版が古い本なので、文章が少し堅苦しくて難しい印象を受けます〜><*

オススメ出来るかと言えば、ある程度マンガ描きの経験ある人にはオススメかも☆
いきなりこの本読んでも、多分分からないと思うですー><*
批評をもらった経験ある人は、その事に関して書いてあるので
興味が持てると思います♪

そんな訳で、お話作りについて突っ込んで勉強したい人には、
とーーってもオススメだと思います☆


シナリオの基礎技術

スポンサーリンク

シェアする

copyright © 2005-2016 Asae Oka/Asae Room